2008年07月24日

『世界の宗教と戦争講座』井沢 元彦

世界の宗教と戦争講座 (徳間文庫)

星10個exclamation×2って言いたいぐらいですぴかぴか(新しい)
再度読み直したいと思っています。


今手元に無いので自信はありませんが、たしか

「和」の世界
ユダヤ教
キリスト教
イスラム教
仏教
神道
儒教


を順に解説していたと思います。
[宗教と戦争]という題名になっていますが、主に宗教についての記述です。


宗教に無頓着で、民族という観念が薄い日本人は、イラクをはじめ今世界で起こっている戦争を理解しがたいですよね。
でもこの本1冊で、そのアウトラインが掴めてしまいます。


宗教は自然科学ではないし、おそらく矛盾だらけの果てしなく複雑なモノだと考えられます。
著者はその複雑な様々な宗教を深く理解した上で、あえて無知な私達にもわかりやすいように、様々な枝葉をそぎ落として、単純化してくれています。
全編とても興味深く、知的好奇心を煽られます。
難解なものを平易に表現する、その能力に脱帽です。



ここで一点だけ。


ビジネス・政治のみならず外国人と接するにあたって、相手方の信仰を理解することは非常に大切です。
しかし、それ以上に自分がいかなる信仰・価値観を前提に思考しているかを理解することが大切です。

この本を読んで、日本人の大半は自己の思考の前提となるモノを自覚できていないと思いました。

多くの日本人は決して無宗教ではありません。
中には本当に無宗教の人もいらっしゃるかもしれませんが、大半は違うと思います。
気になる人は読んでみて下さい。
本当の自分の信仰を理解せずに「無宗教」と主張するのは危険です。
キリスト教にとって、無宗教は悪魔です。
イスラム原理主義以上に理解しがたい存在なのだそうです。



こちらもオススメexclamation×2井沢氏の人気シリーズ「逆説の日本史」
逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)
逆説の日本史〈2〉古代怨霊編 (小学館文庫)
逆説の日本史〈3 古代言霊編〉平安建都と万葉集の謎
逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想と差別の謎 (小学館文庫)
逆説の日本史〈5〉中世動乱編 (小学館文庫)
逆説の日本史〈6〉中世神風編 (小学館文庫)
逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 (小学館文庫)
逆説の日本史〈8〉中世混沌編―室町文化と一揆の謎 (小学館文庫)
逆説の日本史〈9〉戦国野望編 (小学館文庫)
逆説の日本史〈10〉戦国覇王編 (小学館文庫)
逆説の日本史〈11〉戦国乱世編―朝鮮出兵と秀吉の謎
逆説の日本史〈12〉近世暁光―天下泰平と家康の謎

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by りぃな at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。