2008年07月14日

『夏空に、きみと見た夢』飯田雪子

悠里は美人だけれど気の強い、いわゆるイマドキの女子高校生。
ある日の放課後、校門前で待ち伏せていた他校の見知らぬ男子高校生から「葬式に来てくれ」と頼まれる。
「広瀬天也ってやつがいて。そいつ、きみのこと、すごく好きだったから」と。
天也って誰?勝手に好きだったって言われても__。
なんだか気味が悪かったが、悠里は成りゆきで、いやいやながらも葬式に参列する。
しかしそれ以来、悠里のまわりで、不可思議なことが次々と起こりはじめた。
これって天也の祟り?それとも……。
ピュアでせつないラブ・ストーリー。
(裏表紙より。)



ライトノベルのノリで、軽く読めます。
でも、泣けます。
というか難しくないからこそ、悠里の気持ちだけに集中できて、泣けるぴかぴか(新しい)

あんまり書くとネタバレになってしまうのだけれど。

叶わない。報われない。
そんな状況下でしか生まれなかった、悠里の恋失恋
美人でモテる悠里があえて、そんな恋に落ちる。

「ピュアでせつないラブ・ストーリー」
このうたい文句に嘘はない。
ラストは人目も憚らず、泣きたくなる。
だから、人前で読んではいけません。笑
私は図書館で読んでしまったので、大変でした。笑

純愛モノを読みたい人にとっては傑作ぴかぴか(新しい)
一生心に残りそうな、胸がアツくなる物語です黒ハート



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックよろしくお願いします揺れるハート

posted by りぃな at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101027232

この記事へのトラックバック

「夏空に、きみと見た夢」 飯田雪子 著
Excerpt: 久しぶりに買った小説。 帯に、「書店店員が泣いた!」とか書いてあるから、それに釣られたわけなんですが、 ただ淡々と事態が推移して、最後は予想通りの結末、のような。 あくまでも
Weblog: Drupal.cre.jp
Tracked: 2008-06-20 15:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。